2018年2月15日木曜日

インフルエンザ速報 2018(第十二報)

 インフルエンザの流行はピークを越えたと思われます。神奈川県衛生研究所による最新週(2月5日〜11日)の患者数は、1医療機関で1週間に47.85人で、前週の66.31人よりも減少しました。しかし、依然として警報レベル「30」を超えています。大和保健所管内(大和市、綾瀬市)の1週間あたりの患者数は40.00人で、こちらも前週の62.64人に比べて大幅に減少しました。
 当院でも2月5日以降、インフルエンザの患者数が減少しています。しかし、B型は流行がだらだら続く傾向にありますので、まだ注意は必要です。
 A型とB型の比率は約1:2です。A型(またはB型)にすでに感染した方も、別の型に感染する可能性がありますので、今季はもう罹らないと油断はなさらないで下さい。
 インフルエンザは感染者の咳、くしゃみ、唾液などの飛沫を吸い込むことで感染します。予防のために手洗いを励行し、人が多く集まる場所には注意しましょう。また、咳やくしゃみが出る人は、他人にかからないように咳エチケットをこころがけましょう。

2018年2月14日水曜日

感染症情報 2018(2月前半)

・インフルエンザが流行しています。A型とB型の比率は1:2です。2月の第2週から若干減ってきたように思われますが、B型は流行が長引くのでまだ安心できません。
・普通感冒(通常のかぜ)も見られます。発熱は1日程度で終わります。全身状態が良い(食欲や元気が保たれる)ことが、インフルエンザとの鑑別点です。
・RSウイルスによる細気管支炎が、乳幼児の間で流行しています。発熱、激しい咳き込み、喘鳴が主症状です。インフルエンザとの鑑別が難しいケースもあります。
・胃腸炎が散見されます。主な症状は嘔吐と下痢です。発熱を伴うこともあります。
・溶連菌による咽頭扁桃炎(のどかぜ)が増加しています。寒い季節を中心に流行します。
・おたふくかぜ、水ぼうそうは散発的な発生に留まっています。どちらもワクチン2回接種を行うことで身を守りましょう。
・麻疹は、過去11年間にわたり当院で発生ゼロです。今年、神奈川県で1件の報告があります。風疹は、過去14年間にわたり当院で発生ゼロです。今年、神奈川県で1件の報告があります。1歳と就学1年前になったら直ちにMRワクチンを接種しましょう。

2018年2月7日水曜日

臨時外来のお知らせ等

3月27日(火)、午後診療の開始が遅れると発表しましたが、県医師会への出張を取り止めたため、通常どおりの診療にいたします。受付開始は15時です。
5月2日(水)の午前、臨時で診療を行います。受付時間は8時30分〜12時です。

2018年2月3日土曜日

午前の診療が14時まで延びたときの対応

 年に数日、主に秋冬の繁忙期に、午前の診療が長引き、予防接種/健診の開始時刻14時までに終えられないことがあります。午前の来院者数が80〜85人を超える日は、延伸する可能性が高いです。
 その場合、14時で午前の診療をいったん中断し、予防接種/健診(予約制)を先に行います。午前中に予約・受付を済まされた方は、15時頃まで院内の別室またはご自宅でお控えいただきます。予防接種/健診が終わりしだい、診療を再開いたします。また、午後に来院される方は、午前枠の診療が完了するまで、お待ちいただくことになります。
 当院は受診者数に上限を設けていないため、まれに容量オーバーに陥ることがあります。まことに恐れ入りますが、繁忙期の変則的な対応につきまして、ご理解とご了承をよろしくお願い申し上げます。