2017年8月17日木曜日

9月2日(土)、臨時休診いたします

9月2日(土)、日本外来小児科学会・年次集会に院長と職員全員で参加するため、臨時休診とさせていただきます。皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

2017年8月9日水曜日

感染症情報(2017年8月前半)

・ 夏かぜが流行中です。主な症状は高熱です。通常、1〜3日で軽快します。全身状態は比較的良く保たれます。夏かぜの一種である手足口病も流行しています。今年は流行の規模が大きいようです。手、足、口のほかに膝や臀部に生じる丘疹(ぶつぶつ)が特徴です。
・ RSウイルスによる細気管支炎が乳幼児の間で流行しています。持続する発熱、痰の絡む激しい咳、喘鳴、呼吸困難などが特徴です。本来は冬の病気ですが、今年は7〜8月に異例の広がりを見せています。
・ ウイルス性胃腸炎の流行は小規模に留まっています。
・ 溶連菌およびアデノウイルスによる咽頭扁桃炎(のどかぜ)の流行は小規模に留まっています。新学期が始まるまでは落ち着いていると予想されます。
・ 水ぼうそうとおたふくかぜは散発的な発生に留まっています。どちらもワクチンを2回接種して、ウイルス感染から身を守りましょう。
・ 麻疹は、過去11年間にわたり当院で発生ゼロです。今年、神奈川県で6件の報告があります。1歳と就学1年前になったらできるだけ早くMRワクチンを接種しましょう。対象年齢を過ぎてしまった場合、実費を払ってでも接種することをお勧めします。
・ 風疹は、過去14年間にわたり当院で発生ゼロです。今年、神奈川県で6件の報告があります。1歳と就学1年前になったらすぐ、MRワクチンを接種しましょう。
・ 結核の罹患率は、平成27年度に14.4人(対人口10万人)まで低下し、目標の15人以下を達成しました。しかしいまだ年間18000人が新規登録されるなど、低蔓延国にはなっていません。2020年までに結核罹患率10以下を達成することが目標とされています。そのためにBCGワクチンの接種率の目標値は95%以上に設定されます。